岩手のらーめん 柳家

MENU

企業情報

代表挨拶

「一生一品」を求めて

柳家では、ラーメンづくりの姿勢をあらわす言葉として、「一生一品」を掲げています。一杯のラーメンにどれだけの想い、人生をかけられるか。この気持ちがあるからこそ、原料にまでこだわり、全国的にも珍しい自社での小麦栽培に挑戦しています。

「一生一品」のラーメンは、原料以上に「人」の力が大切です。柳家では、キムチ納豆は定番ですが、その他のメニューはスタッフの案から誕生することもあります。お客様にご満足いただくために、技術は自ら取得するものであり、「想いが美味しさに比例する」と思っています。

柳家の強みは「自由」=固定概念にとらわれない社風です。同業者から「あれはラーメンではない」と言われながらもキムチ納豆をはじめアイデアメニューを次々と考案。常識云々よりも、最優先すべきは「お客様に喜んでもらいたい」という想い。それを創業者である父から学びました。

これからも「一生一品」のラーメンを、スタッフ全員で体現してまいります。

代表取締役社長 大信田和彦

プロフィール

1974年生まれ。1997年、柳家入社。2004年より東安庭店を皮切りに、県内外への支店出店を牽引。2007年、代表取締役に就任。

会社概要

株式会社 柳家

社名
株式会社 柳家
代表取締役
大信田 和彦
本社所在地
岩手県盛岡市東安庭1−12−23
TEL
019-681-2374
設立
2007年
資本金
300万円
社員数
40人
役員
取締役 西條秀市
取締役 大森俊弥
取締役 上月和子
取引銀行
岩手銀行

株式会社やなぎやのうえん

社名
株式会社 やなぎやのうえん
代表取締役
大信田 和彦
本社所在地
岩手県紫波郡紫波町上松本字沢田92
TEL
019-681-2374
設立
2013年
資本金
100万円
役員
取締役 大信田英和
取締役 神田重一
取引銀行
岩手銀行

株式会社柳家

1975年
盛岡市大通二丁目さわや書店三階(生そばメインのらーめん屋として)柳家 開店
2004年
東安庭店オープン
2005年
仙台駅東口店オープン
2006年
柳家 めん工房オープン
2007年
株式会社柳家 設立。矢巾店オープン。
コンビニエンスストア サークルKサンクスと共同開発でカップラーメン版・キムチ納豆を販売開始。
江釣子パルのフードコート内に北上店オープン
2010年
みたけ店オープン
のれん分け、宮古 麺屋清兵衛オープン
2011年
初の夜間営業店、通称『夜の柳家』大通り二号店オープン
盛岡駅ビルフェザンめんこい横丁店オープン
麺屋清兵衛アネックス川徳店オープン
2012年
初の中華そば専門店、通称『中華そばの柳家』大通り3号店オープン
2013年
柳家北上店(本通り)オープン
みたけ店閉店
跡地にどんぶり槻家本店オープン
麺屋好誠オープン
2014年
より良い素材を追い求め、柳家精肉所オープン
フェザン店リニューアルオープン
麺屋清兵衛盛岡支店閉店
跡地に初の完全無化調ラーメン店、いさらぎオープン
「豚カツ★ヤナギヤ」として仙台駅東口店で豚カツの提供を開始
柳家四十周年記念店舗、柳家フォーティーオープン
2015年 3月28日
槻家 オープン
2016年 3月
槻家 跡地に旨辛をコンセプトに柳家みたけ店 オープン
2016年 7月
柳家初の海外店舗をベトナムハノイに MY OSHI 03 オープン
2017年 3月17日
盛岡駅ビル フェザン おでんせ館1Fにフェザン店オープン
今までの柳家フェザン店(フェザンめんこい横丁)は屋号をフェザン2号店として今まで通り営業。

株式会社やなぎやのうえん

2008年
より良い麺を追い求め、農業に参入。
岩手県花巻市大迫町に2.5haの土地を借り、
やなぎやのうえん(現在の大迫本圃場オープン)
2009年
自社農場産の小麦を使用した、オリジナルブランド小麦粉『○ッ粉』誕生
2011年
岩手県紫波町に7.5haの土地を借り、やなぎやのうえん紫波農場がオープン
2013年
農業部門を分社化 農業生産法人 株式会社やなぎやのうえん設立
2016年
大迫町の作付農地を年々増やし4.5haまで拡大。全体で約12haとなる。